MENU

関節痛の予防緩和に『小林製薬グルコサミン』

高齢化が進み介護を必要とする人が、年々増加しています。

 

中高年の多くの人が抱えている膝の痛みの原因は、変形性膝関節症です。加齢とともに座る、立つ、歩くといった日常生活の中で膝に違和感があり痛みを感じているところが膝の軟骨がすり減ることで起こるのです。

 

膝関節は、太ももの骨とすねの骨が接触する部分であり、この接触面を覆っている軟骨が衝撃を吸収して、体のスムーズな動きを支えています。このスムーズで滑らかな働きを担う軟骨は、加齢とともに徐々にすり減ることで痛みの症状が進み歩行が困難となり、変形性股関節の症状の治療が必要となってくるのです。

 

この症状は、数十年と長い時間をかけて関節の軟骨の老化が進行するための、進行していることを見過ごしてしまうのです。痛みの症状が現れるには、個人差がありますが症状が進むにしたがって痛みも強くなってきます。

 

歩行が困難になると寝たきりになる危険性が高くなります。歩行が困難になる前に膝のこわばりやだるさ、痛みなどの症状が出たら放置せずに早めのケアをすることです。グルコサミンは関節軟骨の材料です。グルコサミンは、カニの甲羅やエビの殻などに含まれております。人間の体内でも産生されますが、その量は、加齢の進行とともに減少してきます。

 

軟骨は水分のいほかに、クッション性支えるプロテオグリカンとグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンで弾力性とクッション剤としての機能をもっています。注目されている小林製薬グルコサミンは、この軟骨成分を作る材料を含有しています。小林製薬グルコサミンは、軟骨のすり減りを防ぐと同時に、膝の痛みを緩和と軟骨の傷んだ部分の修復効果もあるために、関節症の予防する効果や治療にも使用されています。

 

現在の医療における治療法は、痛みを緩和する対症療法が基本であり、何抗tのすり減りが進み、変形性膝関節症と診断されてから薬が処方されます。グルコサミンは、予防と治療の効果を含め、小林製薬グルコサミンを取り入れることで、膝の痛みを感じることがなく、日常生活を続けることができるのです。効果を実感するためには少なくとも3カ月以上、毎日摂取することで効果が得られます。

 

関節の痛みが気になり始めたら、無理な体勢や運動をできるだけ避け、毎日の食生活や自分に適した適度な運動を心がけ、膝関節の痛みが軽いうちに適切なケアを行い、生涯自立した生活を送るためにも、関節のケアを行いながら健康寿命の維持が課題です。