MENU

【関節サプリは配合が大事!】美健知箋活グルコサミンはコンドロイチンと!

グルコサミンを飲み続けたけど、いまいち関節の痛みに変化がないという経験をしている人もいるのではないでしょうか。
軟骨をつくっている成分ですし、傷ついて壊れてしまったときに修復するときに使われています。骨同士が擦れてクッションの役目を果たせなくなったり、変形してしまったときに再生を促し、炎症を抑えるときに必要な成分を補っているのに変化がないのは、もう一つ重要な成分があるかです。

 

軟骨をつくっている成分で、グルコサミンにプラスして必要となってくるのがコンドロイチンです。
軟骨以外でも体のいろんな部分で保水性や弾力性を維持するために欠かせない存在です。軟骨がクッションの役割を取り戻すためには、水分量の調節が行われる必要があって、コンドロイチンが水分を運んで軟骨の弾力をつくってくれています。

 

コンドロイチンは、栄養を運んできて軟骨に与えて、有害な物質は排出する優れた特徴があります。関節の痛みを抑えるためには、このコンドロイチンの働きが必要となってきます。

 

美健知箋活グルコサミンは、コンドロイチンも配合になって販売されているサプリメントがあります。使用されているN-アセチルグルコサミンは普通のグルコサミンより、飲んだあとすぐに体内で使われる割合が高いことが特徴で、1日でも早く変化を期待したい人に適しています。3倍ほど効率的に体内で使われるため、これまで飲んできたサプリメントで結果が得られていなかった人も、優れた軟骨成分を取り入れることで状態が変わる可能性があります。

 

美健知箋活グルコサミン&コンドロイチンには、2つの成分の働きに加えて、炎症を抑える働きがあるインドハーブやインド乳香が配合され、体に嬉しい生姜もプラスされた、メーカーならではの配合で、早く何とかしたい人のために役立っています。より効率的に働くグルコサミンは、コンドロイチンとともにバランス良く摂取することが大事で、自分で組み合わせて飲むよりも、適切な配合がなされているサプリメントを飲んだほうが軟骨に良く、スムーズな関節の働きを取り戻す確率も高まります。

 

1日の目安は4粒になっていて、痛みを取り除きたいからとそれ以上飲みすぎても、使われなかった成分がそのまま体外に排出されてしまうなどして、関節の痛みの緩和につながりません。サプリメントといっても、医療機関でも処方されることがある成分です。適切な量を飲み、続けていくことが体にとって一番良いかたちです。