MENU

アレルギー体質の人は要注意!そのグルコサミン、飲んでも大丈夫?

グルコサミンは簡単に言うと、私たちの体の中で軟骨を生成したり、そこに発生したダメージを修復すると言う役割を担っています。

 

私たちが体を動かすためには関節を動かすことが必要です。関節は骨と骨が接している部分であるため、本来であれば関節を動かす際にはそこに摩擦が発生して、痛みを覚えてもおかしくはないと言えます。

 

ですが人間の関節には骨と骨が擦りあうのを防ぐクッションのような存在があり、それが軟骨です。よって軟骨が減少したり、そこに発生したダメージがいつまで経っても修復されないままだと、体を動かす際に関節同士が擦れあい、強い痛みを覚えることも多くなります。

 

また擦れあうことで関節がすり減ってしまい、可動域に制限が発生してしまうことも考えられます。こうした事態を防ぐ、改善するためにはグルコサミンが重要なのですが、この成分は加齢と共に少しずつ減少していきます。ですから外側から補うことが重要です。

 

グルコサミンはエビやカニと言った甲殻類の殻、また山芋やオクラなどに多く含まれています。

 

しかしこれらの食品から、体に対して十分な働きかけが期待できるだけの量を摂取しようと言うのは、とても大変なことです。

 

十分な量を効率よく摂取したいのであれば、サプリメントなどを利用した方が良いです。

 

サプリメントを利用した場合、心配されるひとつに過剰摂取が挙げられます。

 

これはもともと体の中で合成されている成分であることから、過剰に摂取し過ぎてもそれほどの心配はないと言われています。

 

ただし、人によって胃痛や胸やけ、便秘や下痢などが出てくる場合もあると言われているので注意が必要です。

 

そしてもうひとつ、要注意なのはアレルギー体質の人です。

 

グルコサミンサプリの多くには、この成分を抽出するために、先で述べたような食品を利用していることが多いです。

 

特にエビやカニの殻は、非常に多くのサプリメントに利用されています。そのためこれらの食べ物に対してアレルギー体質がある人が、それらが使用されたサプリメントを利用すると、アレルギー反応が起きてしまう恐れもあります。

 

アレルギー反応は、軽度の場合でも喉や鼻腔内の痒み、軽い発赤などの症状が出てくることがありますし、重度になるとアナフィラキシーショックと呼ばれるような、多機能が同時に不全に陥る症状が出てくることもあります。

 

こうなると命に直結する恐れもあり、これでは何のためにサプリを利用しているのかわかりません。

 

アレルギー体質の人がグルコサミンサプリを利用する際には、使用されている原材料に目を通し、アレルギーに該当する食品が記載されてあるものは使用しないことが絶対と言えます。